<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

映画の話その1:ボラット

ずーっと観たかった映画を友達から借りました。

この映画『BORAT』は知る人ぞ知る、英国産コメディTV番組、ALI G(アリーG)の中の1コーナーだったもので、未知の国、カザフスタンからやってきたボラットが、イギリスで、政治家や色々な文化人に会い、とんちんかんかつ、きわどい質問を投げかけて苦笑を呼ぶコーナー。

TVシリーズの中で記憶に残っているのは、女性の政治化に、『え、女性も投票できるんですか?わが国では、男、ヤギ、犬、女はその下』っていうのがあって、かなり大うけした記憶が。まあ、こういう感じの、一部の人にはわかるコメディです。

で、そのボラットが要はアメリカにやって来るのだけど、NYに到着したボラットが、たまたまTVで観た『ベイ・ウォッチ』の巨乳女優、パメラ・アンダーソンに一目ぼれし、彼女を探してロスアンゼルスまで行くロード・ムービーになっているんですが、一見奇人変人のようなボラットを相手にするアメリカ人達がまた実はかなーり病んでいるのが浮き彫りになってきて・・。

いまだに奴隷制を信じる白人レッドネック、プロジェクトに暮らす貧しい黒人たち、フェミニスト、半狂乱的なクリスチャン団体・・・そんな人たちとの交流?を通じて、アメリカなんてたいした国じゃないや。と悟るボラット。その気持ち、なんだか分かるような・・・。

信じがたいことに、アカデミー賞の脚本賞の候補にもなったこの映画、かなり下ネタ入ってるのに、いやーアカデミー協会も丸くなったもんです。(ちなみにこの作品、ドキュメンタリータッチだけど、フィクションです。)

それにつけても、私が10年前、カナダに留学してたとき、カザフスタンの外交官がクラスにいて、良く一緒にお茶したりしたんですが、至極まともな方でした。紳士で・・・。実際のカザフスタンはどんな国なのか、興味津々。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-31 22:25 | 映画

とても便利なユニオンスクエア

ちょっと前まで、マンハッタンでお気に入りのエリアはロックフェラー周辺でした。
と、言うのは、うちから電車ですぐ行かれて、紀伊国屋書店、源吉祥庵やそば屋さんなど、日本関連のお店が沢山あって、サックス・フィフス・アベニューなどのおしゃれショップからも近く、何かと便利だったから。

でも、アメリが成長して暴れだすにつれ、のんびりして買い物やレストランも楽しめなくなってきたので、他にどこかないかなあ・・と考えていたところ、最近はまりだしたのがユニオンスクエア周辺。

ここは家から電車で一本で行かれる上、駅にエレベーターもあり、ベビーフレンドリー。最近音楽オタク気味な私が大好きなヴァージン・メガストアもあるし、ベビーザラス、ホールフーズなどの大型量販店が揃っているため、トイレ事情が良く、オムツがえも出来ます。

アメリの機嫌が悪くなってきたら、スクエア内の公園に連れて行って遊ばせればオッケーだし、(それで疲れて帰りの電車でぐっすり寝てくれるのでそれも楽。)親子ともども楽しめます。

お友達もこのあたりに住んでいる人が意外と多いので、遊びに行くときは早めに出るようにしています。本当は自分も住めたらいいんだけど、しがない公務員家庭なので、電車で通うこととします。ハハハ。

f0132366_7263450.jpg

アメリも楽しそうです。
f0132366_727662.jpg

ゲイのカップルもリラックス・・・いかにもNYらしい光景。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-31 07:29 | NY生活日記

NOと言える日本人

歯が生えるのも、歩き出すのも、とにかく早かったあめり。
どうやら、反抗期になるのも早いようで、最近やたらと反抗的になってきました。

とにかく気に入らないと、叫ぶ。危ないことをしているのを止めると泣く。そして、何かを渡して気に入らないと投げる!

そして、最近増えたボキャブラリーは『やだ』。歯磨きなどを無理やりさせようとすると、歯ブラシをほおりなげて、頭をふりながら『やだ、やだ』。意思表示がはっきりできるのはいいんだけどさ。

反面、こっちの話がよく分かるようになってきたようで、TVなどを見るときに『座って観たら?』というと、自分のブースターチェアに腰掛けて見るようになったりして、なんだかかわいい。

それにしても、子供ってどうして危ないことばかりしたがるんだろう・・・。
f0132366_942359.jpg

最近のお気に入りは『となりのトトロ』
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-29 09:43 | アメリの成長日記

ピクニック in セントラルパーク

お天気の良い土曜日、お友達の家族といっしょに、セントラルパークでピクニックをしました。

木曜日もお友達がピクニックを企画してくれていたのだけれど、私が風邪気味でダウンしていたため、参加できなかったので、やっと行くことができて良かった~!

アメリは広い公園内を縦横無尽に、3時間くらい休むことなく歩き回っていました。

お陰で帰り道では2時間以上もぐっすり熟睡。その間に、ずーっと行きたかったタカシマヤのティールームに行くことができました!ここは静かだしお値段もお手ごろでお勧め。ただベビーハイチェアがないので、赤ちゃんが寝ている間しか行かれないかも・・・。

アメリ、このごろ叫び癖がついて、どこにも連れて行かれなくなったから、寝ている間だけが何か出来るチャンスなんだよね・・・。

f0132366_1214538.jpg

どこまでも行ってしまいます。
f0132366_12153766.jpg

ボール遊びが大好き
f0132366_12163160.jpg

大好きなわんわんと。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-28 12:20 | アメリの成長日記

DO IT YOURSELF

フロリダにいたときも、NYに来てからも、私の周りには何故か、手先が器用でマメな人が多い。
特に最近すごいなーと思うのがKちゃんのママ。Kちゃんはアメリと1ヶ月しかかわらないのに、ママは色々手作りしたりしてる上にフットワークも軽くって、よく時間があるなあと、いつも感心してしまう。

赤ちゃんがいると、赤ちゃんを言い訳に(してるわけではないんだけど)何も出来なくなってがちなので、私も感化された、というか少し気を取り直して何か一つでもやってみようと思いました。で、最近凝っているのが、お洋服のアップリケ。

洋服をいちから作るとなると、大きな布を広げたり、ミシンを出してきたりと、色々大事になりますが、アップリケなら時間も場所もとらずに、ちまちま出来るので、赤ちゃんがいる人には向いているかも・・・。

でこれらが、作品の一部です。

f0132366_136297.jpg


これは着ているところ。

f0132366_137657.jpg


これだとオールドネイビーなどで安いTシャツを購入して、自分の好きにデザインできるので、お金もかからず一石二鳥。

でも、最近、その時間すらなくなってきた・・・・。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-24 01:40 | その他

あぶない1歳1カ月

アメリは日に日に出来ることが増えていく。

ここへ来て、階段をひざからでなく足から登るようになったし、遂に階段を自分で下りられるようになって、行ったりきたりしています。

高いところへもどんどん登るようになり、今まではテーブルだけだったのが、高めの椅子や台にも登る様に。

手が届かないものがあると、ブースターチェアや空き箱を自分で移動して、そこに乗って取ったりする。知能犯です。

お陰で、インテリアとして、窓際に飾っていたファイヤーキングのカップをすべて非難させざるを得なくなりました。模様替えしたばかりなのに、また椅子を移動・・・。

昨日はふと見たら、こんなことになってました。

f0132366_23382883.jpg


あと、最近のお気に入りがアーティストのRobin Thicke。彼のビデオを観るたびにうっとりしていたので、CDを買ってあげて、ポスターを貼ってあげたらこのとおり。

f0132366_23393717.jpg


ほんと、すえ恐ろしいですよ。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-22 23:42 | アメリの成長日記

おとなの会

先日ニュースで、統計によると専業主婦(子持ち)が年間に支払われるべき給料は、年間約130,000ドル(約1500万円)が妥当という話をしていた。これは労働内容はもとより、普通のオフィスでの労働時間(普通の仕事が週40時間で、残業代などプラスがある)と比較して、主婦はほぼ24時間働きっぱなしで、土日も働いているからというのがもとになって算出されているらしいが、まあ、金額はともかくとして、仕事時間が終わればそれでおしまいの普通の仕事と違って、子育てには自由な時間がまったくないってことですよ。

先日も旦那と口論になったときに、『アメリが産まれてから一人になったことがない』ってなことを言ってしまいましたが、ホント、買い物しても友達と会っても、いつも重たいダイパーバッグとストローラーで外出するのは大変なことです。

てなわけで、昨夜初めて3~4時間ほど、お暇をいただくことにしました。と、いうのは地元『遊ぶ会』のメンツで、先週の母の日にちなんで、日ごろの苦労をねぎらってもらいましょう、っていう企画を立てて、大人の会が開催されたから。


で、マンハッタンにある『焼き鳥イースト』(日本で言う、焼き鳥屋兼、居酒屋みたいなところです。)で、お酒を片手に、日ごろは語り合えない色んな話をして盛り上がりました!
普段は子供が大騒ぎしてるし、常にアメリをおっかけまわしているから、じっくり話せないのだけど、昨日は皆の知らなかった一面を垣間見ることが出来て本当に楽しかった。

こういう機会も、年に1、2度だろうけど、また是非やりたいな。

でも、心配して駅まで迎えに来た旦那とアメリの顔を見て、家族っていいな~って思いました。

f0132366_1501995.jpg


私は家でおるすばん
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-22 01:55 | その他

身近なところでも

f0132366_6215213.jpg


これは先日セントラルパークのZooに行ったときの写真。
こんなふうにのんびりと過ごしていると、NYはもとより、アメリカも日本と同じように安全なところのように錯覚してしまう。

先日、夫宛に一通のイーメールが届き、それは彼の幼馴染だった人が32歳で亡くなったというものだった。

NY(といってもCITYではなく、郊外)の警官だったかれは、交通パトロールをしている際に、止めようとした車のドライバーにいきなり撃たれた。理由は彼らが車にドラッグを積んでいたためらしい。

こういった事件はニュースやレスキュー911のようなTVでは日常茶飯事のように届いてくるが、実際に身近な人の身に起こると、やはり犯罪大国アメリカを実感せざるを得ない。まさにハードコア。

こういうニュースを聞くと、やはり日本で子育てをしたいなあ・・・とついつい考えてしまうのであった。
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-20 06:34 | その他

渡る世間は鬼ばかり in USA

10年前くらいに流行った小説で野中柊という作家が書いた『アンダーソン家のヨメ』というのがあった。

こちらはタイトルからも連想できるように、アメリカ人と結婚することになった日本人女性が、『自由の国、アメリカ』で、自由に暮らすはずだったのに、実際旦那の家族に会いにアメリカに行ってみたっら、意外としがらみだらけでトホホだった・・・みたいな話である。(何せ読んだのが相当昔なのであまり詳細までは覚えていないが・・。)

実際、アメリカって時に日本以上に窮屈に感じることが多々ある。医療保険制度とかも裕福な人を中心に考えられてるって感じだし、NYのような都会はともかく、フロリダみたいな保守的な州に行けば人種差別もあるし、ジョージ・ブッシュの悪口でも言おうもんなら袋叩きにでもされかねない勢いである。

私自身も、国際結婚したら、色々日本人と結婚するより家族のしがらみや何やかやがなくって気楽に暮らせるだろうなあ、とおぼろげに思っていたんだけど、そうは問屋がおろさないって感じで、今までにどれだけ小姑と(旦那は両親が他界しているので。)バトルになったことだろう。

今までで信じられなかったことの一つに『アメリカ人と結婚してアメリカに来たからには日本の文化は忘れて、アメリカ人らしくしろ』ってなことを言われたことである。

んじゃあ、アメリカ人らしいっつのは何ぞや?ってなことになるわけだけど、うちの近所を見回してみると、大型のチャイニーズスーパーが沢山あり、中国人の人たちが英語を一言も話すことなく働いている。

また反対の方角に行ってみると、今度はインド人街があって、サリーを着た女性や、ターバンを巻いた男性がたむろしており、町にはカレーのにおいが立ち込めている。

これまた違うエリアに行けばコロンビア人街があり、美味しいコロンビアコーヒーやパンを出すカフェが軒を連ねている。

アッパーイーストに行けば日本のシロガネーゼを彷彿とさせる、ブランドで着飾った白人やユダヤ人家族を多く見るし、ブルックリンに行けば、スパイク・リーの映画を髣髴させるようなアフリカ系アメリカ人の肝っ玉かあさんが子供を叱っている。

これらすべての人が実はアメリカを作っているのではないでしょうか?で、本当の意味でのアメリカ人って、先住民のインディアンだけなんじゃないの?

というわけで、今度義理の家族に会うときは、ポカホンタスの仮装で登場する予定です。(うそうそ。)
[PR]

by slimshady163 | 2007-05-19 03:41 | その他

持つべきものは、友

ここ数日、アメリの睡眠のパターンが変わって、毎朝早ーく一回起きるようになってしまった。
おかげでこっちは万年睡眠不足プラス、NYの歩く生活で日に日に体重が減っていく・・。

体重が減るのは嬉しいけれど、正直ここ5ヶ月で何もしてないのに(っていうか思いっきり食べてるのに)5キロも減ってしまったおかげで、着る服が急になくなってしまった。フロリダにいたときに比べると実に10キロは違うので、当時の服は全部ブッカブカ・・・。

かといってスタイルがよくなったかと言うとそんなことはまったくなく、胸やお尻など、残って欲しいところがどんどん減っていくので、何を着ても着こなせない・・・。トホホ。

そんなこんなで、過労気味なうえに、相変わらず5月病だったので、何か気分転換しなきゃと、朝から模様替えしちゃいました。で、余計疲れてぐったりなんだけど。

そうこうしているときにポストマンが来て、荷物を。送ってくれたのは日本の派遣会社時代のお友達。彼女はいつも日本で流行っている美味しいものやら、かわいい洋服やらを送ってくれるのだけど、今回は話題の『あごだし』のほかに、私とアメリに誕生日プレゼントとして超かわいい洋服を買ってくれていて、超感動!とくにアメリにアンパンマンのものを買ってあげたいなあ、と思っていた矢先に、アンパンマンの洋服セットを贈ってくれて、思わず涙目に。
アメリも『あんまんまん、あんまんまん』とおおはしゃぎ。

そういえば、先週も、15年来の親友(現在は子持ちのパパさん)から、アメリ宛にミッフィの絵本やら、あんぱんまんグッズを送ってもらったし、私って本当に良い友達に恵まれているなあとしみじみ(別にモノをくれるからってわけじゃないですよ。)

人間、落ち込んでると人生のやな部分ばっかりが見えてきて、そういうときに、自分の欠点を指摘してくるような人と会話すると更に『私って、駄目人間ですう・・・』
って気分になってくるもんですが、こんな駄目人間な私にも思ってくれる人がいるのね、って思うと、本当、神様に感謝、感謝です。

NYでもフロリダでも本当、いい友達に恵まれたし、世界中にもいっぱい友達がいる。

この場をかりて、皆にありがとうと言いたいです。ほんとにいつもありがと!

f0132366_139538.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-05-18 01:41 | その他