<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

桜祭り

NYでは日本より一足遅く、桜が満開に。で、ブルックリンにあるボタニカル・ガーデンで毎年恒例の桜祭りが開催されました。

桜のお花見はもちろん、日本の文化を紹介するための数々のイベントが繰り広げられ、会場は多くの人で賑わっていました。もっと日本人ばっかりなのかなーと思いきや、国籍を問わずに大勢の人が並んでいました。

花笠音頭や、炭坑節が聞こえてきたり、ロリータゴスのファッションで決めた女の子たちがいたりと、雰囲気はまるで日本の明治神宮のよう。すっかり懐かしくなってきたところに、沖縄民謡『涙そうそう』が流れてきて、すっかりホームシックになってしまいました。

f0132366_7254352.jpg

このいぶかしげな顔はいったい・・・。
f0132366_7263610.jpg

桜はこんなに満開
f0132366_727911.jpg

桜以外の春の花もこんなに綺麗に咲いています。
[PR]

by slimshady163 | 2007-04-30 07:29 | NY生活日記

プレイデート

マンハッタンに住んでいるKちゃんのママが、プレイデートに誘ってくれました。9ヶ月から1歳ちょいのベビー達5人が勢ぞろい。皆並んでいるのに、それぞれ、自分の世界に入っていて笑えます。
あめりはKちゃんのお宅のお昼寝コーナーがえらく気に入ったらしく、一人でずーっとごろごろしてました。

f0132366_425547.jpg
f0132366_434562.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-04-27 04:04 | アメリの成長日記

五月病

ことしもその季節がやってきました。いわゆる『五月病』。この時期になると(つまり季節の変わり目の時期)毎年、だめなんですよ、私。

急にいろんなことに対するやる気がなくなり、掃除や洗濯、料理といった家事もやりたくなーーーい!って叫びたいくらいにやる気がしない。やらなきゃいけないことは山済みなのに、何からやっていいのかわからず、私はADDかしら?と思ってしまう。

子供を産んだらなおるかしらん、と思っていたけれど、やっぱりだめでした・・。

でもこれって本当、時期的なもので、春が終わると治るんですよ、ほんと。

五月病、とはよく言ったものですよ。
[PR]

by slimshady163 | 2007-04-26 04:38 | その他

my best friend

10年前、カナダのモントリオールで留学生活を送っていた私。そのとき以来、一緒にお酒を飲んで悪ふざけをしたり、ときには人生について語り合ったりして、人生の節目節目を共にしてきた、親友のK。彼女は、私がはるかシチリア島にいたときにもはるばる会いに来てくれた、奇特な人。今回仕事でNYに来ることになった彼女、本当は超忙しかったのに、自分が観る予定だったミュージカルを棒に振ってまで私達に会いに来てくれました。

こんなお友達がいる私はほんとうに幸せモノ!もう2年も会っていなかったのに、
相変わらずのアホ話で大盛り上がりでした。

今度はもっとゆっくり話そうね!どうもありがと。
f0132366_12455442.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-04-22 12:51 | その他

お誕生日会再び・・・。

アメリのおばあちゃんが来ていた事で、最近ご無沙汰になっていた地元の『遊ぶ会』。
実は先週末に、4月生まれの子達のBDを兼ねた、BBQがあったのだけれど、おばあちゃん帰国の前日だったため、参加出来ず。で、昨日自らケーキをひっさげての強行BDを実行したのですが、独断で突っ走ったにもかかわらず、皆さんプレゼント持参でやってきてくださって大感激!!帰りはホームレスのようにベビーカーをバッグだらけにして帰ってまいりました。
皆様有難うございました。

f0132366_3391841.jpg
f0132366_347163.jpg
f0132366_3542588.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-04-21 04:03 | アメリの成長日記

ショットガン、そして『バベル』

VA州のキャンパス内で、銃の乱射による無差別殺人が起きた、という痛ましいニュースがおととい報道された。コロンバインといい、こういった事件が起こる度に、『銃社会、アメリカ』の怖さを痛感させられるのだが、ついこの間のアカデミー賞でもやはりこの銃の恐ろしさを十二分に描いた作品が候補にあがっていた。日本人女優、菊池凛子がノミネートされたことでも話題になった映画『バベル』である。

この作品では、日本、モロッコ、アメリカ西海岸、メキシコという一見何の接点もないような国の人々が、1本のショットガンによって人生を破滅に導かれるさまを見事に描いている。聖書の『バベル』がモトになっていることもあり、言葉が通じないが故の、コミュニケーションの難しさもテーマの一つである。

特にモロッコでは、子供達のいたずらによる発砲が思わぬ悲劇を呼び、アメリカ大使館がニュースでそれを『テロリストによる攻撃』とまくしたて、いかなる手段をもってしても、敵をやっつけると述べるあたりは、まさに痛烈なアメリカ批判である。(監督がメキシコ人なこともあり、アメリカ白人による、メキシコ人不法滞在者への搾取も描かれており、どうりでオスカー獲得率が低かったわけである。)

ちょっと、暗い話が続いてしまったので、ここらで、『ショットガン』にまつわる笑い話をひとつ。

先日、ボルチモアから尋ねて来た、義理の弟と夫の会話。

弟:『アメリはほんとうにかわいいね。将来かなり美人になるんじゃないか。』

夫:『そうだろう。本当に(悪い虫がつかないように)ショットガンをみがいて
  おかないとな。』

弟:『えっ、お前達、こどもは一人しか作らない予定じゃなかったのか・・?』

夫:『?!』

バベルの中の異国籍の人々並みに、意思の疎通がはかれていない二人であった・・。最後に下ネタですみません。
[PR]

by slimshady163 | 2007-04-19 04:38 | 映画

鏡よ、鏡、鏡さん

アメリは小さいころから(って、今も小さいんだけど。)鏡が大好き。でも以前は鏡の中の人物が『自分』であるのが分からず、話しかけたり、たたいたり、ときには鏡の後ろを覗き込んだり。

でもどうやら最近、鏡に映っているのは、アメリ本人だと気づいた模様。と、いうのは帽子を被せたり、新しい洋服をきせてやると、鏡の前に走っていって見るようになったから。やっぱり女の子なのねー。でも、このポーズ、相当のナルシスト?!
f0132366_1281379.jpg

おばあちゃんのシャワーキャップ
f0132366_1285128.jpg

被っているのはくまのヌイグルミのTシャツなのにこのポーズ・・・。
[PR]

by slimshady163 | 2007-04-18 01:32 | アメリの成長日記

おばあちゃん帰国

今日、約3週間いっしょだったアメリのおばあちゃんが、日本に帰国してしまいました。外はアメリの悲しい心を表したかのような、大雨。

普段は9時過ぎまで寝ているアメリは、起こしたわけでもないのに、ちゃんと7時半に起床。空港にお見送りに行って、おばあちゃんの姿が見えなくなるまで『ばっばーい、ばっばーい』と言いながら手を振っていました。

おばあちゃんと一緒にいるあいだに、アメリはこのばいばいと、どうもありがとう、こんにちは(おじぎ)をマスター。

本を読むときもおばあちゃんには日本語、ママとパパには英語の本と、ちゃんと理解できるようになって、アメリの成長にもとても良い刺激になったよう。

短かったけど、お誕生日を一緒にお祝いしたり、公園で遊んだり、ごはんを食べさせてもらったり、いっぱい楽しい思い出を作ったよね。

おばあちゃんお疲れ様、そして、ありがとう。

f0132366_4241841.jpg
f0132366_4275283.jpg
f0132366_4292518.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-04-16 04:30 | アメリの成長日記

お誕生日おめでとう

アメリは今日で1歳になりました。
産まれたばかりのときのアメリはこんな感じ。
f0132366_00283.jpg


小さなバシネットのなかで寝てばかりでした。

それが今ではお話をしたり、走ったり、階段を登って転げ落ちたりしている。ほんとうに、たった1年なのに、子供の成長はあっという間。

多分本人は将来覚えていないと思うけれど、本人のため、というよりは、1年間がんばった自分たちにごほうび、という意味で昨日は家族水入らずでリトル・イタリーにある、有名レストランで食事をしてきました。

アメリは初めての誕生日をイケメンイタリア人に抱き上げられてお祝い。この、幸せモノ!!

f0132366_044357.jpg


ケーキ代わりにティラミスをサービスしてくれました。


f0132366_051468.jpg

[PR]

by slimshady163 | 2007-04-12 00:06 | アメリの成長日記

メッツオ・ジョルノ

アメリカに越してきてからというもの、なかなか美味しいイタリアンに出会えないのがかなりの不満だった私。特にフロリダではシカゴピザ・UNOやオリーブガーデンといった、チェーンのイタリアンばかりしかなく、大体が生地が厚いパンピザばかり。パスタもアルデンテとはお世辞にもいえないくたくたの麺が来るので、ついついイタリアンレストランから足が遠のいていた私。

しかし、『イタリアンが食べたい』という日本から来た母のリクエストで、行ってきました、SOHOにある『メッツオ・ジョルノ』。こちらのレストランは何でも『ゴースト/NYの幻』のロケにも使われた有名店ということで(ウーピー・ゴールドバーグがコインを使って、デミ・ムーアに恋人の霊の存在を証明するシーン)、あの『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカーも常連さんらしい。

で、人気のピザは、というとやはりなかなか美味しかったです。アメリカで食べたピザのなかでは、一番ナポリで食べたピザに近かったかも・・・。生地も薄くてクリスピーだし、なんといってもトッピングがごちゃごちゃしてないのがいい。

モッツアレラチーズに、トマトソース、アーティチョークだけで、素材の味が活きているのがいい。値段も割とリーズナブル。一枚が1人分の量らしいですが、3人で2枚で充分でした。

ただ、ベイビー・チェアがなく、ブースターを貸してくれるのだけど、それがシートベルトなしなので、アメリがもじもじして大変でした。テーブルにフックアップ出来る携帯式のベイビーチェアがあったら便利かも。

こういうレストランに来ると、つくづくフロリダからNYに来て良かったあ、と思ってしまうのでした。
[PR]

by slimshady163 | 2007-04-08 09:24 | NY生活日記