感謝感激

先日下に住んでいるお友達がとぉーっても嬉しい誕生日プレゼントをくれました。
それは・・・私の大好きな吉田秋生の漫画セット!!
実は『吉田秋生のマンガ、大好きだから全部買ってそろえようと思う』という話をしていたのが
何気におねだりになっていたようです(笑)。

f0132366_2325578.jpg

バナナフィッシュ 全19巻、夜叉 全12巻、吉祥天女 全2巻と、カリフォルニア物語 全4巻、全部私が欲しいとおねだりしていたものです。(←ずーずーしいなあ。)

吉田秋生は実は私が中高生の頃から活躍していて、当時フラワーコミックスを読んでいた私はその存在は知っていたのですが、当時はこの、ロマンチックな少女漫画とはかけ離れた絵柄とストーリーがどうしても好きになれず、大した関心を持っていなかったのですが、大人になって読んでみると本当に良く出来ていて感心してしまいます。

しかも今読んでも全く古臭い感じがしないのがすごい。まあ、NYを舞台にしたカリフォルニア物語と、バナナフィッシュは80年代が舞台なのでNYがめちゃめちゃ治安が悪いふうに描かれていますが・・。でも自然史博物館を舞台にした銃撃戦など、良く調べこまれていてほんと、住んだこともない人が良くここまで書いたなあという感じ。

ちなみにバナナフィッシュのタイトルの所以は、私の大好きな作家J・Dサリンジャーの短編集、ナイン・ストーリーのなかの『バナナフィッシュにうってつけの日』から取られたもの、
吉田秋生がマンガで描き続けたいテーマが私のなかではトップ5本の指に入る名画『真夜中のカウボーイ』の世界だそうで、あー、この漫画家と感性が会うんだなあと改めて感じました。まさに偶然ではなく、必然的にファンになったんですねえ。

ちなみに私が一番好きなのは『夜叉』で、この最終巻は何度読んでも泣いてしまいます。
この続編の『イブの眠り』も読んだけど、これまたすごいのはカリフォルニア物語から、イブの眠りに至るまで登場人物どうしが何気に繋がっているところ。ちゃんと計算されて書かれていて、付け焼刃で適当な仕事をしない人なんだなあっていうのが良くわかります。

って、またオタクねたで一人盛り上がってしまいましたが、読みたい人がいたらいつでもお貸ししますよー。
[PR]

by slimshady163 | 2008-07-02 02:35 | その他

<< バイリンガル&趣味 アメリ、大暴走・・・ >>