ナンタケット島バケーション:完結編

今回の旅で一番感動したもの・・・。
それはナンタケットの景色でも、ビーチでも、ショッピングでもなく、何と言ってもYさんファミリーのホスピタリティでした。

前にもちょこっと書きましたが、Yさんのご主人はチベット人、ナンタケットで『HIMARAYA VISION』という、とても素敵なお店をやっているのですが、今回、お仕事で急がしいにもかかわらず、朝早く起きて朝食を作ってくれたり、晩御飯にも得意料理のカレーや、本物のチャイティーを淹れてくれたりと、本当に誠心誠意でもてなして下さいました。

f0132366_524096.jpg

アメリ、営業妨害中
f0132366_5245448.jpg

ナンタケットはお店やレストランが小さいため、あまりベビーフレンドリーではないので、私たちはほとんど外食もせず、交代で得意料理を作りあって、家でワインやビールを飲んだだけなのですが、本当にアットホームで心からくつろぎのひとときを過ごすことが出来ました。

うちの夫はヒスパニック系で元牧師のクリスチャン、体系は太めで色黒、いっぽう、Yさんのご主人は細身で色白、ラマ経の信者と、まったく異なるカルチャー、見た目、バックグラウンドをもっていましたが、どうやらすっかり打ち解けたようで、宗教から歴史、カルチャーなど多岐にわたり、すっかり話が弾んでいたようです。

アメリもこの旅を機に、『友達と遊ぶ』ということの楽しさを初めて学んだような気がします。

f0132366_5255354.jpg


変な話、家族だけでホテルに泊まっていたら、このバケーションは本当につまらないものになったのじゃないかしら、と思っています。

Yさんファミリーに心から感謝!
[PR]

by slimshady163 | 2007-08-23 05:27 | 旅行

<< ハーレム探訪 ナンタケット島バケーション:そ... >>